引越し料金について比較してみました

引越で大変なこと

be2edb9f62264e37eb0048024992b8db_s

引越で大変なこと。
それは引越の荷物をまとめることではありません。
引越の荷物を片付けることです!

荷物をまとめる時、はじめのうちはこれは必要、これは処分しよう、と選択しながら梱包していけます。
また、これはすぐに使う、これはそんなには使わない、という風に荷物を分けながら梱包していくことも出来ます。
でも最後の方になると、とにかく荷物を段ボールに詰め込まなくては!と時間に追われてきて、後のことを考える余裕がなくなってくるのです。
当日、引越業者さんがいらっしゃって、荷物を運び出しているのを横目に見ながら、残りのこまごまとしたものをとにかく段ボールに放り込む。
何が入っているかを書く余裕もなくガムテープで留めて運び出してもらい、自分は部屋の掃除に駆け回る。
焦りに焦って詰め込んだ段ボールは、当然何が入っているかなんて覚えてもいません。

そんな荷物達を引越先に運んで頂き、中身が分かっているものは「それはあっち」「これはこっち」「その荷物は手前に置いて下さい」と指示出来るのですが、中身が不明の段ボールが出てくるとお手上げ。
「うーん、じゃあとりあえず急がない方の段ボールの方へ置いて下さい」と言うしかありません。
そしてすぐに使いたい荷物でさえ、うず高く段ボールが積まれて行くのです。

ここからが本当に一苦労です。
すぐに欲しいものが一番下の段ボールに入っていると、全部どけなければなりません。
しかもすぐに欲しいものの段ボールに入っているものが、本当にすぐに使いたいとは限らないので、少し中身の減った段ボールをフタして、その上に他の段ボールを乗せてしまったり。
また、「これ使いそう!」と出した荷物をとりあえず他の段ボールへまとめだしたり、中身の減ってきた段ボールをひとまとめにし始めると、中に何が入っているのかはもう分からなくなってきます。
be2edb9f62264e37eb0048024992b8db_s
新しい部屋で暮らし始めると、うず高く積まれた段ボールが本当に邪魔で、何とか片付けなければ・・・と思うのですが、お勤めされている場合はすぐには出来ませんし、主婦だって掃除・洗濯・料理・買物と何かと時間を取られ、荷物は遅々として片付かず。
すぐには使わない部屋なんてものがあると、徐々に荷物はその部屋へと移動して行き、物置になってしまいます。
そうなるともう、荷物は見えなくなってしまうので、片付ける意欲は減退・・・ 悪循環です。
自分一人の荷物であれば、適当に片付けることも出来ますが、家族がいる場合は勝手に処分も出来ませんし、適当に片付けて「なくなった」と言われても困ってしまいます。

近年は断捨離が流行し、荷物を少なくする方法などもいろいろありますが、お金を払ってわざわざ運んでもらってしまった荷物を捨てるのも勿体ない気持ちになってしまいますよね。
難しいです。
やはり普段から持っているものをきちんと管理し、ものが増えすぎないようにするのが一番なのだろうなあと思います。
片付けるのは、本当に大変ですから・・・

福岡市内 引越しについて

合わせて読みたい記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント

    カテゴリー

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。

    ページ上部へ戻る
    スマートフォンと普通の携帯電話